ライフハック

【仕事術】スピードを上げることを優先しよう

はじめに

仕事で質とスピードが問われることが多いですが、私は成果を上げたいならスピードを上げることを優先した方が良いと思っています。その理由についてご説明します。

この記事を読んで欲しい方

  • 仕事の効率を上げたいが、ワークライフバランスも維持したい方

なぜスピードを上げることが重要なのか?

会社で最もお金がかかっているのは人件費(経費)です。従業員が100人居たら100人分の給料が毎月発生しますので、人件費(経費)を上回る利益を出し続けなければなりません

このとき、仕事のスピード(=効率)を上げることが利益を出すことに直結すると考えています。例えば今まで10時間かかっていた仕事を5時間で終わらせることが出来たなら、相対的に人件費(経費)を半分に減らせるのです(これが行き過ぎると大量リストラにつながるので、注意が必要ですが…)。

その一方で、仕事の質を上げるのは非常に難しく効果が現れにくいと考えています。例えば報告書の誤字・脱字をなくすことは大事だと思いますが、利益には直結しません。下手をすると文章の添削に時間がかかって人件費(経費)が増えてしまうかもしれません。

スピードを上げるためのアイデア

スピードを上げると聞いて「タイピングを速くしよう」とか「たくさん書類をつくろう」と目先の改善を考える人が居るかもしれませんが、それには限界があり、おそらく人件費(経費)を半分に減らすほどの効果は出ないでしょう。スピード(=効率)を上げるには根本的にやり方を変える必要があるのです。そのアイデアをご紹介します。

無駄を減らす

「無駄だな…」と思いながらも、止めるキッカケがなくて惰性で行っている作業があるなら、まずそれを無くすべきです。誰も読まない長文の報告書とか形骸化した業務プロセスなどは要りません。

簡素化する

業務が複雑だ…と感じたなら、優先度をつけて減らす努力をしましょう。

自動化する

日々のルーチンは自動化すべきです。

流用する

すべてオリジナル(=自前)で作るのは無駄です。すでに完成されたものがあるなら流用すべきでしょう。

悩まない

悩んでも解決しないなら悩むのを止めましょう。例えばAとBの選択肢があるが決められない場合、双方のメリット・デメリットをまとめた上でどちらかを選択すればよいのです。

完璧を求めない

完璧を求めることは失敗の始まりです。何ごともホドホドで…。

早めにホウレンソウする

誰にも相談せずに仕事を進める人が居ます。だいたいやり直しになるので早めにホウレンソウして起動修正すべきでしょう。

段取りはキッチリやる

段取りを決めず仕事に着手して、納期に間に合わせることが出来ない人がいます。完璧な計画はいらないので、大まかな段取りは決めておきましょう。

 

などなど。挙げ始めるとキリがありません。これらのアイデアを業務に取り入れてみてはいかがでしょうか?

プライベートは効率をもとめずスローで良い

仕事のスピードアップで得られた時間をどう使うか。プライベートは効率をもとめずスローで良いと思います。家族とのんびり過ごしたり、趣味に時間を費やしたり、質の向上に努めていきたいものです。

まとめ

仕事で成果を上げたいならスピードを上げることを優先した方が良いと思います。会社で最もお金がかかっているのは人件費(経費)であり人件費(経費)を上回る利益を出し続けなければならないためです。このとき仕事のスピード(=効率)を上げることが利益を出すことに直結すると考えています。スピード(=効率)を上げるには目先の改善ではなく根本的にやり方を変える必要があります。仕事のスピードアップで得られた時間を使ってプライベートは効率を求めずスローで良く、質の向上に努めていきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペイヴメント

【名前】ペイヴメント 【職業】技術系サラリーマン 【住まい】東京 【好きなもの】プログラミング全般、デジタルガジェット、レトロゲーム、ライフハック、文房具、読書、家庭菜園、バンド演奏、お酒 【自己紹介】奥さん・息子2人とお気楽に暮らしています。

-ライフハック

Copyright© ぴょこナビ , 2020 All Rights Reserved.