心理学

【アンコンシャスバイアス】「O型は楽観的」とか「年配の方は頭が固い」みたいな無意識の思い込み・偏見

はじめに

アンコンシャスバイアスとは無意識の思い込み。

たとえば「O型は楽観的」とか「年配の方は頭が固い」みたいな話です。

周りに迷惑がかかるので休みを取れない」なんて話を良く聞きますが、これもアンコンシャスバイアスの一種です。

こういう無意識の思い込みが職場に定着すると、ハラスメントの温床になったり、離職者が増えたりしますので、

何がアンコンシャスバイアスに該当するのかを知り、向き合っていくことが重要になります。

この記事を読んで欲しい方

  • アンコンシャスバイアスについて知りたい方
  • アンコンシャスバイアスの対処法を知りたい方

アンコンシャスバイアスのパターン

アンコンシャスバイアスには色々なパターンがあります。

 

内集団バイアス

仲間をひいきする。

 

確証バイアス

自分に都合の良い情報だけを集める。

 

後知恵バイアス

後出しじゃんけん。高田純次みたいに「だと思った」って言う。

 

ハロー効果

同じ趣味の人を好きになる。

 

対応バイアス

人のせいにする。

 

正常性バイアス

自分だけは大丈夫。

 

ステレオタイプバイアス

O型は楽観的」「年配の方は頭が固い」。

 

集団的同調バイアス

忖度。

 

アンカリング

ホントは5000円なのに「通常価格10000円のところ、限定価格5000円」って言われると安く感じる。

 

バンドワゴン効果

行列ができる店に人が集まってくる。

 

アンダードッグ効果

弱い野球チームを応援(同情)する。

 

ダニング・クルーガー効果

能力がないくせに、自分を過大評価する。

 

アンコンシャスバイアスは何で起こるの?

慣習

O型は楽観的」「年配の方は頭が固い」のようにステレオタイプに判断するのは楽です。

単に思考停止してるだけなのですが、「常識」とか「あたりまえ」なんて言われたりして、ビックリします。

悪い慣習が会社組織に定着すると、同調圧力が生まれたりしますので要注意。

異動が少ない組織にありがちなので、たまにシャッフルが必要と思います。

 

自己防衛・保身

エヴァンゲリオンで言うところのATフィールドです。

損をしたくないから限定価格の商品を買ったり、行列ができる店に並んだ。

自分が悪くないことを証明するため、自分に都合の良い情報だけを集め、都合が悪いデータは見なかった。

みたいなことが起こります。

自己防衛しなくて済むような、安心して働ける職場づくりが重要になります。

 

アンコンシャスバイアスが無くなったらどうなるか

アンコンシャスバイアス(思い込み・偏見)が全く無いとどうなるか。

 

足が不自由なお年寄りが電車で立っているのに「お年寄りに席を譲るのはアンコンシャスバイアスで失礼かもしれないから譲らなかった」。

子供の送り迎えがある女性社員に「女性に責任ある仕事を任せないのはアンコンシャスバイアスだから残業しないと終わらない量の仕事をお願いした」。

 

なんてことになりかねません。

そんな世の中は嫌ですね(私はいやです)。

 

まとめ

アンコンシャスバイアス(無意識の思い込み・偏見)のいくつかは、慣習自己防衛・保身によって起こりますが、

何がアンコンシャスバイアスに該当するのかを知り、向き合っていくことが重要です。

 

思考停止せず客観的にモノゴトを判断していくことで、アンコンシャスバイアスを抑制し、

働きやすい職場をつくって行けたらいいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペイヴメント

【名前】ペイヴメント 【職業】技術系サラリーマン 【住まい】東京 【好きなもの】プログラミング全般、デジタルガジェット、レトロゲーム、ライフハック、文房具、読書、家庭菜園、バンド演奏、お酒 【自己紹介】奥さん・息子2人とお気楽に暮らしています。

-心理学

Copyright© ぴょこナビ , 2020 All Rights Reserved.