コラム

【コラム】40代から人生やり直し

twitterで40代から人生やりなおしになった経緯をポロっと投稿したところ、

聞いてくれる人が居そう(需要ありそう)なので記事にしてみました。

但し、過去の結婚と離婚に関する話や、放蕩時代の話は今の奥さんが読んで楽しいものではないため、さらっと書きます。

そこが面白そうなのに。。と思うかもしれませんがご容赦ください。

しくじり先生の1種だと思って読んで頂ければと思います。

 

この記事で解決できること

  • もし人生に疲れちゃった人がいたら、私の失敗談を読んで「下には下がいるな」と思い笑ってもらえたら嬉しい。
  • 結婚と離婚に関するノウハウがわかるかもしれない。

概要

プロフィールにも書いていますがこんな感じです。浮気、散財、DV、離婚など行列の出来る法律相談所みたいなキーワードが沢山でてきます。年表に沿って時系列に解説します。

元嫁1人目の浮気、散財、元嫁2人目のDVにより人生に絶望し放蕩を繰り返した末にお金を使い果たした43歳のバツ2男。

3人目に出会った17歳年下妻と奇跡的に再婚して子供が2人生まれた。

中古の戸建てを買ったが35年ローンを払い終わるのは78歳。

60歳で定年退職したときに子供は17歳と15歳。

40代から人生をやり直しするドキュメンタリーです。

 

年表

1974年 誕生(0歳)

中産階級の家に長男として生まれ、まあまあ甘やかされて育ちました。妹が2人います。

小・中・高校生とそれぞれの時代に合わせて「TVゲーム」「野球」「サッカー」「ヤンキー漫画」「バイク」「ロックバンド」「運動部」「バイト」などにハマる普通のバカな学生でした。イメージでいうと団地ともおみたいな感じ。

 

1995年 母と祖母が他界(21歳)

それまで能天気に過ごしていましたが、母と祖母が亡くなりました。

祖母は末期ガンでしたし高齢だったのですが、母はうつ病による突発的な自死でした。「誰かが止められたんじゃないか」とか「人はいつか死ぬ」みたいなことをぐるぐる考え「人生とは何か」みたいな本を沢山読みました。

家って母親を中心に集まるものらしく父親だけでは家族がまとまらず気づいたらバラバラになってました。実家に妹2人だけ住み父親と私がたまに訪問する感じです。家族4人とも母と祖母を同時に失った穴は大きく必死に生きてた気がします。

今思うと祖母と母は共依存の関係にあり、母は祖母からの支配から逃げられなかった人生でした。母と娘の関係って難しいですね。

 

1997年 大学中退、フリーター時代(23歳)

理系の国立大学に通っていましたが父親が学費を出せなくなり、バイトで家賃(風呂無しトイレ共同の家賃2万5千円の下宿)と学費を稼いでいました。

ラーメン屋、コンビニ店員、ピザ屋デリバリー、工事現場、製本、ティッシュ配り、エロビデオのチラシ配りなど空いてる時間は全てバイトしてました。気づいたら「屋台弁当のアルバイト店長」というポジションになり仕入れ、仕込み、販売、アルバイト管理に忙殺される日々。

屋台弁当とは何か。六本木の森ビルなどの玄関前にワゴンとパラソルを広げ1個500円とかで弁当を売るアレです。無許可で路上販売してたのでよくお巡りさんに注意されていましたが、苦学生に見えたのかお巡りさんが弁当を買ってくれることもあり。世の中捨てたもんじゃないなと思いました。

そんなことをやってたら大学に行く暇がなくなり単位を落とし。中退してフリーターになりました。「帰るべき家」を失い、「社会のレール」からも外れた根無し草。家に帰らなくても怒る人はいない。遊ぶ友達はいたけどいつも独りぼっちの気分でした。Bob DylanLike A Rolling Stoneの歌詞にある「No Direction Home」という単語が自分の状況に合致してる気がして良く聴いてました。

 

1999年 ブラック企業に就職、実家が火事で全焼(25歳)

2年ぐらいフリーターやってましたが食ってくのが非常にシンドイ。そろそろ正社員になりたいと考えました。アルバイト情報誌に載ってる零細IT企業に片っ端から電話。1か月ぐらいの就職活動でブラック企業に潜り込みました。当時あまり根拠なくプログラマーは将来性がありそうと思ってましたがその読みは合ってた気がします。プログラミング未経験だったので「そんなこともわかんないならクビね!」とか毎日イジメられながらも良い経験を積ませてもらいました。

そんな折、早朝に父から留守電「実家がまる焼けだ。早く帰ってこい」というメッセージ。妹のタバコが原因で実家が全焼したのです。卒業アルバムとか、家族の写真が燃えたのは悲しかったですが大規模な断捨離をした感じになり不思議とスッキリした気持ちになりました。妹は水商売をしていて家に総額2500万ぐらいのブランド品、装飾品がありましたが全て煙になりました。お金とは実に儚いものですね。

 

2002年 1回目結婚(28歳)

詳細は割愛します。

 

2003年 精密機器メーカーの子会社に転職(29歳)

精密機器メーカーの子会社に転職。ブラック企業を抜け出ることが出来ました。年収や福利厚生面が劇的に改善し、健康的な生活を送れるようになりました。

 

2005年 DINKS向けマンション購入(31歳)

勢いで新築マンション購入。14階建ての14階。風がビュービュー吹いて富士山が良く見える家でした。当時の年収で買える額ではなかったのですが見栄をはりました。毎月ローンの支払いでピーピー言ってました。

 

2006年 1回目離婚、マンション売却(32歳)

元妻の浮気と浪費の事実が発覚。なぜか慰謝料を取ることは考えず離婚しました。

マンションを売却し借金200万をかかえ、住む場所がないため実家の4畳半の物置部屋に居候。なぜか当時、実家に妹と妹の彼氏が同棲してて不思議な同居生活が始まりました。私が長男のハズなのになぜか肩身が狭い感じ。しかも妹の彼氏が無職の31歳(俺の一歳下)。数年後、無事別れてくれたので兄としてはひと安心。

 

2007年 2回目結婚(33歳)

詳細は割愛します。割と初期にDVがあることが分かりましたが、結婚2回目という負い目がありガマンしてしまいました。それが失敗の始まりでした。

 

2010年代 放蕩の日々

DVが悪化する日が多くなり家にいるとオチオチ寝ていられず。DVが悪化してる期間は飲み歩き家に寄り付かないようにし、寂しさを紛らわせるために夜の街を巡回してました。十分に休息できずお金ばかり減るシンドイ日々。「このまま酒の飲みすぎで死んじゃうのも有りかな」と完全に人生を諦めてました。今思えば早く逃げればよかったのですが当時そういう元気がなく、ただただ現実から目を背けていたのでした。

 

2017年 2回目離婚(43歳)

とはいえ完全に諦めていたわけではなくDVの証拠を録音したデータが10本程度溜まりました。なかなか踏み切れなかったのですが、激しいDVを受けたある日プチっと切れて録音データを突きつけ離婚を迫りました。明らかに向こうが悪いと思ったのですが間に弁護士を立てられ「あなたがやってることは脅迫だ」とか言われ最終的に当座の生活費として50万を私が払うなら離婚してもよいという話になり、すぐに50万の支払いを受け入れ離婚成立。更に弁護士に言われて知りましたが結婚してる期間(今回は10年間)を対象に年金分割という制度があり半分もってかれるんですよね。

≫参考:夫婦が離婚すると年金はどうなる? (1)‐年金分割制度の基本な仕組み

「離婚すると寿命が縮む」といいますが、あのまま酒に溺れる日々を送っていたら寿命が縮んでいたと思うので結果は同じだなと思ってます。

 

2017年 3回目結婚(43歳)

捨てる神あれば拾う神あり。17歳年下の女性と出会いました。私の方がベタ惚れで一生懸命口説き落とし結婚することになりました。奥さんの親族に反対され当初は駆け落ち同然でしたが半年後ぐらいに和解。そして子供が欲しいと思いました(幸いなことに前妻との間に子供は居ませんでした)。

 

2017年 戸建てを購入(43歳)

一生賃貸を払い続けるのはシンドイし子供を育てるなら戸建てがよいと考え中古の家を購入。43歳で35年ローンを組んだので払い終わるのは78歳。そんな歳まで払い続けられないので定年退職するまでに完済する目標にしています。月の支払いは60000円程度。ボーナス時に繰上返済というスタイルです。2020年7月時点で20%ぐらい返済できました。

 

2018年 長男誕生(44歳)

出産は想像以上の壮絶さでしたが、誕生の瞬間は神々しいものでした。初めての育児は慣れないことばかりでしたが男の子は甘えん坊でかわいいです。

 

2019年 次男誕生(45歳)

男の子は家を出てしまうので奥さんのためにも2人目は女の子が良いなと思ってましたが男の子でした。こうなったら私が長生きするしかないですね。男の子同士喧嘩しながら仲良く遊んでるのを見て子供が多いのは面白いもんだなと思いました。いつまでも仲良くしてくれよ。

 

妻、長男、次男との生活はこれまでの失敗を全て帳消しにするぐらい素晴らしいものでした。ようやく人並みの幸せを手に入れた感じです。40代の今がスタート地点。人生をやり直すのに遅すぎるということはありません。何歳からだってスタートできるし、ダメなら何度でもやり直せば良いと思うのです。

 

結婚に関する教訓

直観で「この人やばいかも」と感じたら高確率で当たります。もし結婚前にやばいと感じたら踏みとどまったほうが良いです。

 

結婚生活を維持できないこと(浮気、浪費、DVなど)が起きたら踏みとどまらなくてよいと思います。「この先結婚できなかったどうしよう」なんて考えずに自分の人生を取り戻しましょう。

 

色々な事情があると思うので無理にとは思いませんが、もし子供を持ちたくてチャンスがあるならトライする価値があると思います。少なくとも私は子供が生き甲斐になり「長生きしなきゃな」と思えるようになりました。

 

今の奥さんと共感したのは金銭感覚が近い(庶民的)ことと暴力が嫌い(温厚)であることの2点です。その他は真逆の性格ですが大事なポイントが合ってればうまく行くのだと思います。

 

結婚とは直接関係ないですが「家を買うのはリスク」という話を信じ賃貸で過ごしていましたが安い中古の戸建てを完済できるならトータルコストは抑えられる気がします。マンションは管理費や修繕積立金が高いのでランニングコストは下がらないためあまりお勧めできません。戸建も修繕を完璧にやると高額になるのでほどほどがよろしいかと。。

 

今後の課題

私が定年退職する60歳のときに、子供は17歳と15歳。お金の問題は無視できません。なんとか収入を維持しないと奥さんと子供に苦労を背負わせることになるので「節約」「投資」「副業」を60歳までに軌道に乗せたいと思います。

 

まだまだブログや副業で稼げるレベルには至ってませんが、ブログは財産になり得るし、副業のための勉強はいつか役に立つと思うのでコツコツ続けていこうと思います。

 

長文お読み頂き、ありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペイヴメント

元嫁1人目の浮気、散財、元嫁2人目のDVにより人生に絶望し放蕩を繰り返した末にお金を使い果たした43歳のバツ2男。 3人目に出会った17歳年下妻と奇跡的に再婚して子供が2人生まれた。 中古の戸建てを買ったが35年ローンを払い終わるのは78歳。 60歳で定年退職したときに子供は17歳と15歳。 40代から人生をやり直しするドキュメンタリーです。

-コラム

Copyright© ペイヴメントの40代から人生やり直し , 2020 All Rights Reserved.