投資

【仮想通貨】買わずに後悔してるなら積立仮想通貨をオススメします 月1万からスタート可能

【※ 当記事は2021年5月22日時点の情報です】

ペイヴメント(@pavement1234)です。

副業を頑張ってる人
副業を頑張ってる人

2021年1月頃からの仮想通貨バブルは正直うらやましかったんだけど、アップダウンが激しすぎて正直怖い…。

少ないリスクで始める方法はないかな?

こんな悩みを解決します。

【私の事例】2020年12月にスタートしたら、いきなり1.5倍になった

仮想通貨が流行っているのはニュースで見てましたし、会社の友人たちが儲けたという会話をしているのも聞いていたので、気になって仕方がありませんでした。

しかし、2017年12月に急落して1000万失った…という話を身近で聞いていたので二の足を踏んでいたのですが、2020年12月は株で20万程度プラスになっていたので「ダメ元で10万から始めてみようか」と思いました。

何からやればよいか全くわからなかったので「初心者向け 仮想通貨」で検索したところ、コインチェックが一番分かりやすそうだったので、登録することに。

数日後、審査が終わり登録完了のお知らせがきました。入金方法はいくつかありますが、私は住信SBIネット銀行から10万円振込。

しばらくして入金できたので、記念すべき1回目の購入は王道のBTC(ビットコイン)を10万円。1BTCが約196万円のレートでした。

Coincheckアプリで購入

たまたま追い風だったのもあり約10日毎に約25%ずつ上昇しました。20日間ぐらいで10万円が15万円に増えました。

まだまだ上がる予感がしたのですが、怖くなってきたので売ることにしました。

まず1月3日に半分の0.025BTCを売却。84754円が現金化されました。

翌日1月4日、レートが少し下がってきていたので残り半分(0.025992BTC)も売却。

1月3日の分とあわせてトータル171289円が現金化されました。なんと71289円の利益です。

BTCを買って放置していただけで、高校生のときの1か月のアルバイト代(約7万円)に相当する利益が出たことに驚きました。

一方、早いペースで下落するリスクも当然あるため、続けるかどうか迷ったのですが、7万円の利益が出たので、もう少し続けてみようと思いました。

色々な通貨に手を出し、あっという間に振り出しに戻る

仮想通貨についてWEBで情報収集してまず分かったのは、電子送金AirDrop(端末間でコインの受け渡し)、DeFi(分散型金融)など、金融の発展につながるインフラ・機能を備えつつあることでした(そんなことも知らずに始めてしまいすいません)。

またアルトコインと呼ばれるBTC以外のコインが沢山あることを知りました。

BTCは1月前半時点で1BTCが300万円オーバー。300万円が100万円単位で値を上げるのは考えにくいと考えました。

一方、XRP(リップル)は1月頃は30円程度、IOST(アイオーエスティー)は1月頃は0.9円程度。仮に今どちらかを100万買っておいて単価が200倍に上がれば、税金を引いても1億オーバーの利益。

夢の億り人(おくりびと)になってFIRE(Financial Independence, Retire Early movement)が実現しちゃうか!なんて妄想を膨らませ17万円をXRP、IOSTにつぎ込んでみました。

しかしそう簡単にコトが運ぶわけもなく、売り買いする度に予想が外れ、アップダウンを繰り返した後、ギリギリ元本を取り戻したところで退場。

一方、BTCは順調に100万単位で成長を続け3月時点で600万円達成。あのまま持ち続けてたら10万円が30万円になっていたのだなぁ…と思い自分の相場感のなさを恨みました。

株価と同じでBTCは人気があるから価格が高いことを痛感。世の中甘くない。

仮想通貨を長期運用するには積立仮想通貨がオススメ

仮想通貨の売買で失敗した私は、相場をあまり意識しなくても済む投資は無いかと考えていたところ、コインチェックに積立仮想通貨があることを知りました。

赤枠の「Concheckつみたて」から設定できます

ちなみに恥を忍んで自分のポートフォリオを公開しますが、私は4月7日からBTCとIOSTを1万ずつ(毎日積み立て)でスタートしています。

GW前までは調子よかったのですが5月に大暴落して含み損が1万(25%マイナス)になりました。

私はちょうど高値になったところでスタートしてしまいましたが、今は大暴落した直後(本日は2021年5月22日)なので、相場としては買い時と私は考えています。コロナショックのときも株価が暴落しましたが、すぐに株価が戻り利益を上げた人が沢山いました(私もその1人)。

株と仮想通貨を単純比較はもちろんできないので注意が必要ですが、これから仮想通貨を始める人にとってはチャンスかもしれないと考えています。

含み損を抱える私としても、安値相場でココロ穏やかです。

積立投資はドルコスト平均法という手法により、リスク分散できることがメリットの1つです。分散して購入するため、価格が低いときは沢山購入できて、価格が高いときは数量を抑えて購入できます。

一攫千金を狙いたい人は底値で一括買いをするのが最大利益を狙う方法ですが、金額が大きいと破産リスクも出てきて、相場感を持っていないとなかなか難しいと思います。その点、ドルコスト平均法は大儲けもしないが大損もせず、リスクを抑えながらほどほどに儲かる可能性を追求できる、バランスのよい投資方法と私は捉えています。

まずは積立仮想通貨からトライしてみてはいかがでしょうか。

短期運用の投資にドルコスト平均法を採用しても、リスク分散効果があまり見込めないので長期運用でご検討ください(短期売買ならイチバン安く買ってイチバン高く売るに限ります)。

ドルコスト平均法とは?

ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging、DCA)とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。USドル建てで投資することを意味するものではない。

高値掴みのリスクを避けるための時間分散の一種であるが、数量を等分するのではなく、金額を等分する点が単なる分散と異なる。価格が高い時は購入数量が少なく、安い時には多いため、単純な数量分割に比べ平均値の点で有利になるとされる。ただし価格が下がった場合のみならず、上がったときにも買う点で難平買いとは異なる。

長期投資でリスクを抑制し、安定した収益を得たい場合に使われる手法である。上げ相場でドル・コスト平均法を行うと(最初に一括で購入した場合と比べて)平均購入単価がかえって高くなり、収益を減少させてしまう欠点もある。タイミングを精密に測れないため、値動きの激しい商品で、ハイリターンを目指す投資には向かない。

出典:Wikipedia(ドル・コスト平均法)

積立仮想通貨を始めるならコインチェックがオススメです。

コインチェック

コインチェックオススメのポイント3つ

  • 過去の失敗を生かしセキュリティ対策が万全
  • コインの種類が豊富
  • 設定がわかりやすい(積立停止も簡単)

仮想通貨について、もっと知りたい方はコチラ。

 

ABOUT ME
ペイヴメント
節約・副業・投資に関するノウハウです。