趣味

【洋楽名作】私が独断と偏見で選ぶお勧め曲(UK編)

UK音楽、最近聴いてます?

最近のはあんまり知らない。

30年ぐらい前BEAT UKって番組があって、その時は観てたかな。

ちょっと暗めの曲が多くて俺は好き。

グラスゴーマンチェスターロンドンその他で、

それぞれ有名ミュージシャンがいておススメの曲がありますので、

ぜひ聴いてってください。

この記事で解決できること

  • オススメのUK曲を知ることが出来る。

 

 

Franz Ferdinand/Do You Want To グラスゴー

SONYウォークマンのCMで使われてました。ポップで踊れる曲です。

これは2ndアルバムの曲ですが1stアルバムの名曲Take Me Outもお勧め。

≫フランツ・フェルディナンド (バンド)

 

Mogwai/Mexican Grand Prix グラスゴー

インスト系のポストロックバンド。ハイパーラプス映像ってだけでカッコよく見えます。ブーミーなベースがかっちょいい。

Mogwaiっぽいジワジワ轟音になっていく感じが好きなら、アルバムToung Teamの最後の曲Mogwai Fear Satanがオススメ。

≫モグワイ

 

Primal Scream/Loaded グラスゴー

Loadedヤクでキマってる)という題名。プライマルスクリームのボビーギレスビー(Vo)の雰囲気にピッタリです。

地を這うようなベースがキモチいい。

≫プライマルスクリーム

Travis/Writing To Reach You グラスゴー

OasisのWonderwallをパクってるのは有名な話。いい曲だからノエルも許したとか許さないとか。しっとりしたバラードの名曲です。

≫トラヴィス

 

The Vaselines/Son Of a Gun グラスゴー

NIRVANA、カヒミカリィ(w/小山田圭吾)がカバーしてます。さわやかで疾走感があって、ギターポップのお手本みたいな曲。

≫ヴァセンリンズ

 

Oasis/Wonderwall マンチェスター

ノエル(兄)とリアム(弟)の兄弟バンド。いわずとしれた名曲。これは弟のリアムが歌ってます。イントロの咳払いが聴こえるとテンション上がります。

≫オアシス

The Stone Roses/Waterfall マンチェスター

アルバムを2枚出して1996年に解散。2012年に再結成。

ストーンローゼスのボーカリスト、イアンブラウンって歌下手なんだけどなんか味があって良いんですよね。

≫ストーンローゼス

The Smiths/This Charming Man マンチェスター

モリッシー(Vo)って超キモイけどなんか良いし、ジョニーマー(Gt)のカッティングは最高。

2004年のフジロックでモリッシーがドタキャンする事件がありましたが、「ジーズチャーミングメン」というスミスのカバーバンドが代役で出演。いまだに語り継がれる伝説です。

≫ザ・スミス

 

New Order/Blue Monday マンチェスター

イアン・カーティスの自殺により活動休止したジョイディビジョン。残ったメンバーで再結成したのがNew Orderです。

テクノとロックが混ざった感じ。Blue Mondayはイアン・カーティスの死に際した心境を歌った曲だそうです。

≫ニューオーダー

Happy Mondays/Wrote For Luck マンチェスター

バンド名Happy Mondayは1つ前に紹介したNew OrderのBlue Mondayに由来します。

マッドチェスターの代名詞。ちょっとイカレたダンスミュージック。

≫ハッピーマンデーズ

 Blur/There's No Other Way ロンドン

OASISと同じ時期にめちゃめちゃ売れてました。初期の名作Girls And Boysと、かWoo Hooの掛け声のSONG2もいいんですが、私はこの曲が好き。

ボーカルのデーモンアルバーンは、ゴリラズでも活躍してます。

≫ブラー

 

Spearmint/a trip into space ロンドン

いわゆるギターポップバンド。The Chi-Lites(シャイライツ)のMy First Mistakeという曲がサンプリングされてます。

アルバムの表題曲 a week away も大好きです(この曲とどっちを紹介しようか迷った)。

≫スペアミント

 

Cold Play/Yellow ロンドン

この曲がきっかけでCold Playは世界的にヒットしました。

好きな人に感謝を伝える歌詞。相手を星の輝きみたいなイエローに例えていますが、全体的に抽象的。

≫コールドプレイ

 

The Rolling Stones/Fool to Cry ロンドン

個人的にこの曲大好きなんです。ストーンズと言ったら無数に良い曲がありますが、私は迷わずこれを選びます。

邦題は「愚か者の涙」。エレクトリックピアノの旋律が優しくて、疲れたときに聴くとホロっときちゃう。

ちなみにもう1曲紹介するとしたら Wild Horses です。

≫ローリングストーンズ

 

Queen - Under Pressure ロンドン

デヴィッドボウイとQueenの共作。テーマは「プレッシャーが人のココロを押しつぶしていく」ということ。

現代に生きる我々は、常にプレッシャーに脅かされています。その重圧から逃れることはできません。

しかし自分と相手への愛があれば、お互いを大事にできる。決して薬に頼ってはダメ。ということを歌ってます。

≫クイーン

 

Radiohead/High And Dry その他

青春時代に少し身に覚えがあるかもですが、

モテたくて頑張ってリア充を演じてみたものの、実は孤独を恐れてたり、自己評価の低さに怯えていたりする若者。

そういう人を皮肉っています。イジワルだけど本質的なところを突いてる感じ。

≫レディオヘッド

まとめ

比較的古いのが多いですが)UK音楽を新旧織り交ぜてみました。

また良さげな曲を見つけたら共有します。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペイヴメント

元嫁1人目の浮気、散財、元嫁2人目のDVにより人生に絶望し放蕩を繰り返した末にお金を使い果たした43歳のバツ2男。 3人目に出会った17歳年下妻と奇跡的に再婚して子供が2人生まれた。 中古の戸建てを買ったが35年ローンを払い終わるのは78歳。 60歳で定年退職したときに子供は17歳と15歳。 40代から人生をやり直しするドキュメンタリーです。

-趣味

Copyright© ペイヴメントの40代から人生やり直し , 2020 All Rights Reserved.